借金返済 コツ

借金返せないとどうなる?

驚いている男性

目の前に迫ってくる借金返済の期日。
しかし、お金は用意できない。

 

借金を返そうにも返せない状況になったとしたら、もしそうなったらどうなるのでしょうか?
具体的に順を追ってみていきます。

 

  • まず返済期日までに借金を返さないと間もなく督促の電話や督促状が送られてきます。
  • 電話では「いつまでに返せますか」と返事を迫られ、督促状が来ると「○○日までに入金すべし」と指示されます。

 

  • さらにそのまま返せないでいると一括返済の通知が来ます。借りている残額をまとめて返してほしい、ということです。
  • 一括で返せと言われてもただでさえ月々の返済額を返せないのに、一括で全部返せなんて無理に決まってるでしょ!なんでそうなるの?と思いますよね。

 

  • つまりこれは「あなたを信用して毎月の分割で返してもらう約束をしていたのに、もう信用できないので分割返済の契約はもうできません。」という貸金業者によるあなたへの信用度の判定結果ということになります。

 

  • この時点で先方の消費者金融や信販会社などと連絡を取って、残債を再分割して返していくという方法もあります。
  • これは、例えば・・・今まで毎月の返済額が2万円だったが、このままでは返せない、なので返済可能な月1万円の返済額にふたたび分割して返す契約をし直すということ。

 

  • しかし、ここでもこちらが返せない状況で、連絡もろくにせずに放置していると、業者から裁判所に訴えられることにもなりかねません。
  • 裁判所から突然、貸金業者の側からこういう内容で訴えられていると通知する郵便が届きます。もちろん逮捕されるとか、すぐに何かを差し押さえられるということはありませんが、受け取った手紙が裁判所からのものだと相当なプレッシャーになります。

 

 

まずは、こうなる前に私たちの方も借金問題の専門家に相談し、最適な対応の仕方、解決の道筋について聞いてみるのが良いでしょう。
現在では無料の法律相談ができるサービスが多いですから大いに利用するのが吉となります。

 

借金地獄を体験しました

借金を返せない状況にまでなってしまいました。
カードでお金を借りることが
自分のお金を引き出しているような錯覚を起こしていたのです。

 

ここからは私の体験した借金の体験です。

 

 

カードでお金を借りることが自分のお金を引き出しているような錯覚を起こしていたのです。

 

それまでは、いくつものカードローンを使って多額の借金をしてしまい、ついには返せない状況になる多重債務者は、ギャンブル依存症とか買い物依存症だとかの病的な人がそんな状況に陥ってしまうものだと思い込んでいました。

 

 

まさか、この自分も多重債務者になりカードローン地獄に陥ってしまうなんて思ってもみなかったのです。
確かに自分には昔からお金にだらしないところはあったと思います。

 

 

 

普段から贅沢をしているわけじゃないのですが、ケチケチするのが嫌な性分で、使う時にはパーッと使ってしまうんですよね。

 

宵越しの銭は持たぬ、みたいな、それがカッコイイと思い込んでいて、全くとんだ勘違いというやつです。

 

 

ですから金欠の時にだって、必要となればカードで借りてまで、おごったり・・・完全に馬鹿ですよね。

 

でも最初の頃はまだ月々の返済が返せないということもなく、余裕で返せていると思っていたために自分がしていることの危険性に気づいていなかったのです。

 

 

段々とカードで借金している、という感覚が薄くなってきて、まるで自分のお金を口座からおろして使っているような錯覚を起こすようになってきていたのです。

 

後で聞いたのですがカードで借金を重ねる人って、一度はこの借金感覚がマヒする状況になっているようですね。

 

 

 

そのうちに出費が重なって、苦しくなってきて、今月返せないかも、という時にはついつい新しいカードを作り、そこから借りて返すということを始めたんです。

 

今思えば、そこがターニングポイント、地獄のような日々の始まりだったのかも知れません。

 

 

あとは、どんどん同じことの繰り返し、地獄への転落がが始まりました。

 

手持ちが足りなくなり返せないとなると1枚また1枚と新しいカードを作っては借りて、返済が苦しくなるとまた借りて返済分にまわす、まさに地獄の連鎖ですよね。

収入は返済に消えてしまう

本当の借金苦というものが何かカードローン地獄を体験して実感し無理をしすぎて遠回りをしたあげくようやく脱出しつつあります。

 

 

返しても返しても果てしなく続き、なくならない借金。

 

複数のカードローンを一生懸命返しても、月々の返済はほとんど利息ばかりで元本はわずかばかりしか減っていきません。

 

 

そんな調子ですから、やがて返済も滞りがちになり、毎度毎度の督促電話がかかってくるようになっていました。

 

給料が出ても、ほぼそのまま返済に回しほとんど手元には残らず、毎月ごくわずかな生活費で暮らしてきました。

 

 

 

25日に給料をもらって、数日後の月末にはもう小銭しか残っていなかったことも珍しくなく、まさに借金苦を地で行く生活。

 

ついにはガス、水道、電気など公共料金も滞納し始め、供給停止になってしまったことも一度ではありません。

 

 

はじめは複数のカードを使いまわして、ひとつのカードから借りて、他のカードの返済をする状態でなんとか持ちこたえていました。

 

しかし、やがてどのカードも限度額の上限まで借りてしまいますから、そんなことは長く続きません。

不安になったら対策はできるだけ早く

その時点で毎月の借金の返済、そして光熱費、食費、家賃など必要最低限の経費も毎月の給料で足りなくなり借金苦どころではない状態に。

 

もし、そんな状況に陥っていたらもうアウト、なのですが意外にもこの状況でも自分で返そうとする人が多いのです。

 

こうなる前に早めに気がついて手を打つ必要があったのですが、悔しいことですが私もその一人だったのです。

 

 

何より現状を放っておいても状況は悪くなるばかりで決して良くはなりません。

 

もし翌月から急に収入が増えるのならこのまま返済を続けるのもいいですが、そんなことはあり得ませんよね。

 

 

 

それならなるべく早急に、できれば今日すぐにでも専門家に相談するのがおすすめです。

 

時間が経つほど状況はあなたにとって不利になっていくと考えたほうが良いです。

 

 

いまなら、手軽に24時間ネットから弁護士に無料相談できるようになっています。

 

匿名で自分の状況だけ入力すると、あなたに最適な解決法をアドバイスしてくれますから、直接面談するのがちょっと、と思う人にはまずここからスタートがおすすめ。

 

実は私の借金苦脱出もここから始まりました。

 

債務整理の事例が紹介されているおすすめの動画 → こちら

更新履歴